Minecraft メサの建材を使った図書館の建築<前編>

AppBank_Store株式会社

前回のあらすじ

こんにちは、Hiroです。

前回は駅にピッタリなキオスクを作りました。駅との一体感をテーマにいい感じに作れたと思います。今日はどうしましょうか。植林場が駅の前にあるから、それを撤去してなにか建てたいんです。何かアイディアありませんかねえ。

・・・おう、これはやばいやろ。母ちゃんとはやっぱちゃうなあ。

ブキカジさん?

これは帰って一人で楽しまなあかんなあ。ぐふふ。

な、なんかブキカジさんがこれまで以上にゲスい気が・・・以前私のことをあんなにいじったブキカジさんが・・・あんなものを読んでるなんて・・・

彼も男ですね(笑)

ブキカジさんのために!?

どうも世の中の男性と同じく、例な本をお楽しみの様子(笑)

きっと隠し場所にも困るでしょう。彼、妻子持ちですからね(笑)

よし、あの漫画でも言っていました。木の葉を隠すなら森の中、本を隠すなら大図書館、と!ブキカジさんのためにも図書館の建築をしていきましょう。

建築に使う材料

建材ですが、以前コンクリチックな家を建てた時にメサの堅焼き粘土を使ったのですが、予想以上にいいブロックで気に入ってしまったんです。ぜひ違うところでも使ってみたいなあと思っていたところなので、今回は堅焼き粘土を使って図書館を作ってみたいと思います。

思い返せば管理人の人生は図書館なしには語れません(笑)

小学校からひたすら本を読み、中学校では図書委員に。学校近くの待ちの図書館に毎日のように通い、高校でも図書委員をやってました。そんな管理人が図書館を建てるとなればそれ相応のものが求められます!(というか勝手に求めてます)

壮大で誰もが来たくなるような、そんなステキな図書館を作っていきましょう!

スポンサードリンク

例のごとく整地から

では、冒頭でも話した駅の前に不自然にある植林場をきれいサッパリと撤去します。

2016-01-17_22.07.22

←今までありがとう

結構なスペースがあるのでいいものが建てられそうです^^

次は材料集め。ありったけの堅焼き粘土を取ってきます。

2016-01-17_23.23.10

←黄色と橙

今回はこの2色でいきます。以前は対照的な色だったので、今日は暖色系の2色を選びました。

2016-01-17_23.37.03

←まず玄関

何はともあれまず入り口(笑)

変わらずやっています。一応洋館っぽくするつもりです。中央に入り口、両脇に円形の建物です。

2016-01-17_23.42.18

←内装

早くも内装に着手(笑)

なんか楽しくなっちゃって、自分がここから入ったらまずあれが見えて、そしたらこう動いて、なんて勝手に想像しながら進めちゃってます。

ちなみに奥に見えるのはカウンターです。ここで貸出や返却をします。いつか村人がたくさんになった時には司書さんにここに移ってもらって図書館長をやってもらいたいなあ。あ、司書ママを図書館長にするというのもいいなあ。ほら、夢が広がって止まりません(笑)

2016-01-18_00.23.36

←カウンター脇の螺旋階段

次は2階に進む階段作り。なんか洋館ってこんなイメージなんですが、安易すぎですかね?

それにしてもこれを螺旋階段とは呼ばないでしょう(笑)

上から下を一望できるようにちょっとせり出して作ってあります。

2016-01-18_00.23.46

←ガラスの可能性!?

何気なく脇の建物の装飾をしようとしていたらこんな感じに。ガラスってこんな感じになるんだ。なんかステキな装飾の匂いがしません?(笑)

これに気を良くしてこれをベースに色々試行錯誤をしました。

2016-01-18_00.32.36

←ちょい長い?

柵を一本なくしたバージョン。

2016-01-18_00.34.45

←これもいいね

間のガラスをとってみたバージョン。

2016-01-18_00.38.49

←これかな!

ガラスを2つにしてみたバージョン。これがなんとなくしっくり来たので、これで行きたいと思います。

2016-01-18_00.44.42

←正面完成!

反対側も同じ感じにして正面の建築完成です。結構いいんじゃない?中身を作るのも楽しみだなあ^^

終わりに

さすがに全部完成とまではいきませんでした^^;

明日には完成させたいと思います。どんなふうになるのか、内装はどうするのか、今から想像が膨らみます。ぜひ楽しみにしていてくれると嬉しいです。

ブキカジさんのためにも頑張るぞ、グフフ^^

ここまで読んでくださった方ありがとうございます。よろしければコメントで感想やアドバイスをよろしくお願いします。


ヤフー株式会社

コメント

  1. Dayana より:

    Yeah, that’s the tictke, sir or ma’am

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です