Minecraft 最小限のわき層づくりでウィザースケルトンの頭を集めよう!<前編>

AppBank_Store株式会社

前回のあらすじ

こんにちは、Hiroです。

ずいぶんと久しぶりの投稿となってしまいました。仕事先が変わりてんやわんやでなかなかマイクラをやる時間が取れませんでした^^;

今ではいくらか落ち着いてきたので、これからはコンスタントに投稿していきたいと思っていますので、もしよろしければ楽しみにしていただけると嬉しいです。

はいはい、どちらさんやろか。オオカミ少年には用はないんやけどな。

どうもご無沙汰しております、ブキカジさん。そのとおりでございます。オオカミ少年と周りの方々から言われぬよう、これから尽力していく所存です。

・・・お、おう。わかればええんやけどな。誠意っちゅうもんを見せてもらわなこちとら信じることなんてできへんで?

もちろんでございます。私、ブキカジさん、ひいては村人みんなのために身を粉にして働いてゆきたいと思っております。

・・・なんやそのキャラ気持ち悪っ!!

ウィザースケルトンについて

よし、とりあえずブキカジさんを丸め込むことに成功したぞw

今回はマイクラの世界の裏ボス、ウィザーと戦うための準備をしていきたいと思います。ウィザーは特殊な方法でしか会うことができず、自然にスポーンしているわけではありません。ウィザー召喚のために必要な素材は以下です。

・ウィザースケルトンの頭☓3

・ソウルサンド☓4

これだけ?と思った方もいらっしゃるはず。しかし!このウィザースケルトンの頭と言うものが厄介でして、これはその名の通りウィザースケルトンがドロップするのですが、そのドロップ率が驚くほど低い!普通にやっていてはたったの3個集めるだけでも嫌気が差すほどです。

この裏ボスであるウィザーを倒すことでまたの機会で触れますが、かなりのお宝が手に入るのでぜひとも戦っておきたい。でもこの頭集めがしんどい・・・

そこで!今回はこの頭集めを比較的簡単に済ませるための秘訣をお伝えしていきたいと思っています。

頭集めに必要なこととは?

それはズバリウィザースケルトンのスポーン数を上げること、この一点に尽きると思います。数撃ちゃ当たるの言葉通り、たくさん倒せばそれだけ確率が上がりますからね。

じゃあどうやってスポーン数を上げるのか。それはわき層作りです!

ウィザースケルトンは要塞にしかわかず、しかも要塞内の決まった範囲でしかスポーンしないんです。ということは、その決まった範囲にできるだけ多くのわき層を作ってやればウィザースケルトンがたくさんスポーンするというわけです。

スポンサードリンク

ウィザースケルトンのわく、わき層ってどんなの?

ここでのポイントは最小限の労力でできるだけ集めていきたいということ。要塞全体をわき層にしてトラップタワーのようにすればそれはもうすごい数のウィザースケルトンと出会えるでしょうが、そんなに本腰を入れたくないけどウィザーとは戦ってみたい。そんな方におすすめの方法をお伝えします。

効率のいいわき範囲

私が注目したのは要塞の長い外廊下と廊下が交わる十字路の部分。ここは見通しがいい上にわき層を理解するのも作っていくのもそれほど大変ではありません。当然のように普通の要塞の部分にもわくわけですから、ここにだけわき層を作ってもその分だけスポーン数が増えることになります。

わき範囲を理解してわき層作り!

では実際にそのわき範囲を見ていきましょう。

↑今回注目する場所

左が長い外廊下、右が十字路です。今回はここだけに注目します。

範囲とわき層作りはしっかりお伝えしたいので中途半端ですがここで一旦打ち切ります。続きはすぐに出しますのでお待ち下さい。

終わりに

中途半端なところで終わりすぎやろーとブキカジさんの声が聞こえてきそうですが、しっかりとお伝えしていきたいので今回はここで打ち切ります。

次回をお楽しみにしていてください!

おいおい、こんな所で終わりかいな。中途半端で終わりすg・・・・

ここまで読んでくださった方ありがとうございます。よろしければコメントで感想やアドバイスをよろしくお願いします。


ヤフー株式会社

コメント

  1. 谷口恭梧 より:

    本当に久しぶりですね。体調に気を付けて頑張ってください。

    • Hiro より:

      コメントありがとうございます。しかもなんて優しいコメント!また頑張ろうという意欲がわきました。本当にありがとうございます(´▽`)

  2. マインクラフター より:

    とても説明が分かりやすかったです。これからも頑張ってください。

    • Hiro より:

      コメントありがとうございます。そう言っていただけるなんてとても嬉しいです。続きはすぐに作るのでお待ちください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です