COD:MWは果たしてクソゲーなのか!?


始めに

COD:MWの発売から2週間が経ちました。皆さんプレイを楽しんでいるでしょうか。私は仕事終わりなどにちょこちょこプレイをし、30時間ほどやりました。今日ARの金迷彩を取ることができ、自己満足でホクホクしています。

しかし、一方で発売からクソゲーだとそこかしこで言われてしまっている今作。しかもただ言われているだけでなく、Twitterでトレンド1位にまでなってしまう始末。

あまりにもひどいと感じ、MWがどうクソゲーなのか、どう楽しいのか私なりに皆さんにお伝えしていこうと思います。購入検討の参考やプレイをより楽しむ一助になれば幸いです。

クソゲーである(と周りが言う)ポイント

まず筆者である私ですが、FPSやTPSなどシューティングゲームが好きでそれだけのためにゲーミングPCに手を出した程の者です。シューティングの代表的なBFやCODが好きでずっとプレイしています。

肝心のCODですが、BO3を少しだけとWW2、そして今作のMWをプレイしているくらいのほとんどニワカですが、どうぞお付き合いください。また、この情報はR1・11・8現在のものとなっていますのでご了承ください。


スポンサードリンク




赤点がミニマップに映らない

赤点とはミニマップに表示される敵の位置のこと。今までの作品では発砲すると居場所が分かるようにこの赤点という表示がなされていました。

しかし、今回はこの赤点はおおよその方角を示すくらいでミニマップには映らない仕様になっています。どういうことかと言うと、例え敵が発砲してもおおよその方角が分かるくらいで詳しい位置まではわからないということです。

TTKがものすごく高い

TTKとはTime To Killのことで、敵を倒すまでにかかる時間のことです。今作はこれがめちゃくちゃ高く、撃たれてから倒されるまでが一瞬です。正直撃ち返すのはほぼほぼできないです。

足音が大きく、待ちが多い

今作ではプレイヤーの足音がかなり大きめに設定されています。ヘッドホンなどでプレイすると、敵との距離や方角、高低までかなり詳細にわかってしまいます。

その結果どういうことが起きるかというと、あまり今までの作品のようにひたすら走って突っ込んでバンバンバーン、無双だぜーみたいなことができにくく、できるだけ足音をたてないように「待ち」という通路や部屋の角でひたすら敵が来るのを待つというプレイが強くなってしまったわけです。

マップがゴミ

主張がざっくりしすぎていますが、要点はほとんど一つ。「クリアリングポイントが多すぎる」ということです。

クリアリングポイントとは、敵がいないかどうかの確認をする場所です。壁や遮蔽物など敵が潜んでいそうな場所をよく見ておかないと後ろからやられるといったことが起きてしまいます。

今作ではそういったポイントがかなりあります。高台、車や建物、などなど敵が隠れられる場所が確かに多く存在しています。

あと細かいところではマップ数が少ない、強ポジが多いなどいろいろあります。

総じてCODではない

以上のことをまとめるとこれはCODとはとても呼べないのだそう。敵の居場所はわからないわ、今までみたいに爽快に倒そうと走って行ったらやられるわ、マップがゴミでやり辛いわと文句の雨あられ。

MWは楽しいよ!!

今回取り上げるべき言葉は正直これだけです。

今までと違うから、自分が気持ちよくプレイできないからそんな理由でクソゲーという安易なレッテルを貼っているだけのように思えてなりません。

もちろん個人の好みに合わない、面白くないと感じることはあるでしょう。しかしそれだけでクソゲーはないでしょう。最近特に感じるのは、プレイヤーはゲームに楽しませてもらおうとしすぎではないかと思っています。ニーズだなんだともっともらしいことを言って、自分から楽しもうという気持ちを忘れてしまっている気がします。

MWを楽しもう

楽しもう、です。今作はエンジンも変わっていますし、今までのCODとも違う部分があることは確かでしょう。しかし、運営さんから「こんな新しいCODどう?」と問いかけられているんです。「ここのこういうところはまずいと思うからこう直せばいいんじゃない?」と提案するならいざ知らず、「つまらない」「クソゲー」と一方的に拒絶してはちっとも進展しません。

プレイの楽しみ方

赤点は映りませんが、UAVなど敵をサーチするスキルもありますし、しっかりとクリアリングしながら進んでいくのは緊張感があり楽しいです。TTKが高いのでクリアリングはとても大事になってきます。

待ちが多いのは確かです。要点を押さえられてしまうと進行すらできないところもあります。しかし、考えてもみてください。敵は一点だけを見ているならそこを通らなければいい話です。また、要点にいたとしても必ずどこかで見られない瞬間というのは存在します。見られてしまうポイントはある程度決まっているので、少し注意するだけでもかなり違います。逆に待ちすぎるとキルカメラでバレてしまうので、倒し返すこともできます。

また、今作は銃のカスタマイズ要素が豊富です。プレイヤーのプレイイングスタイルに合わせてカスタマイズするのがとても楽しいです。私の場合エイムにはある程度自信がありますのでひたすらADS(標準を定めるために銃のサイトをのぞきこむこと)の速度を上げて突然の接敵にも対応できるようにしています。

ゆっくりと索敵したい人にはエイムの安定化や反動軽減、高倍率スコープなど付けると安定して撃てます。

スナイパーは伏せてじっと敵が来るのを待つイメージですが、このカスタマイズ次第では突撃するスナイパー、凸砂ができちゃいます。昔クイックショットとか練習したなあ^^

迷彩集めも楽しみの一つ。しかもBFのようにきっつい条件がなく、コツコツ頑張れるものばかりでした。チャームやステッカーなどアイテム集めも楽しくなっちゃいます。


スポンサードリンク




まとめ

ものすごく長々と書いてしまったので要点だけまとめます。

クソゲーと言われてしまう要素

・赤点が映らない

・TTKが高い

・足音が大きく、待ちが強い

・マップがつまらない

そんなことないんだよ要素

・違う点を認めて楽しむ心を思い出そう

・クリアリングをしっかりしよう

・カスタマイズ要素が豊富

・アイテム集めが楽しい

ゲームというのは「みんなが楽しめるこんなフィールドを用意したから使ってね」というものだと思います。どう使うのかはプレイヤー次第。サッカーやりたいのに野球しかできねーじゃねーかみたいなお門違いな指摘はやめましょう。せめてコートが狭いから広くして、ボールの種類を増やしてと、よりよくプレイできるための提案をしていくよう心がけましょう。

長文にお付き合いいただきありがとうございました。ぜひ皆さんのご意見もお聞かせください。みんなで楽しくプレイしましょー!


コメント

  1. 3年やってもまだ初心者なクラフター より:

    実際、ゲームシリーズは変化していかないと進化が止まってしまいますからね。
    最近のfpsなんて進化がなければ置いていかれます。でもついて行くだけじゃパクリパクリ言われるんですよね…
    だから自分から進化する必要があると思うんです。

    最近はリアル系fpsのタルコフなど緊張感の多いものが増えてますし、それこそゲームは自分たちで「楽しむ」ものですからね。

    自分は今origin basicが1ヶ月無料なのでbfしてます。( ・∇・)

    • Hiro より:

      コメントありがとうございます。
      「自分から進化する必要がある」なんだか身に染みました。こうやって自分の意見をきちんと持ってくださってる人に見ていただけると嬉しいです(´▽`)

      ゲームの進化ってプレイヤーにも委ねられてますよね。いいゲームもプレイヤーあってのもの。悪いところはフィードバックしながら気持ちよくプレイしたいですね!

      bfも面白いですよね(´▽`)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。